2012年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 不屈の嫁(09/18)
  3. 笑ってトンへ(2010年/全159話)(09/13)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

不屈の嫁

2012.09.18(21:34)
トンヘの放送が終了したら、新しいドラマ「不屈の嫁」がはじまりました。
15年も連れ添っている夫が浮気!というびっくりストーリーからはじまるんだけど、ちょびっと面白そうです。

私の大好きな「19の純情」と同じ脚本家さんだからでしょうか・・・。
この浮気夫は交通事故でかえらぬ人となるそうで、似たような展開ですね。
浮気され離婚を決意するヨンシムがとっても明るくてよいです。
あ、こんなところもグッカ(19の純情の主人公)に似てますね(笑)

ところで、これからは韓国ドラマの放送が減っていくのでしょうね。
残念ではありますが、仕方ないかなと思っています。


スポンサーサイト

笑ってトンへ(2010年/全159話)

2012.09.13(16:52)
■웃어라 동해야(TV視聴/106話編集バージョン)

スカパーで視聴し始めてから数年かかって視聴終了~となりました。
(引越ししてスカパーとサヨナラしたからね)
TVで見たものはオリジナルと話数も違うので、カットとかされたかな~。
たまに不思議なところで終了していましたよ(笑)

さてさて、笑ってトンへですが、いろいろありましたが楽しく視聴できたドラマでした。
アメリカで生まれた韓国人のトンへとその母アンナが韓国へやってくるところからはじまります。
アンナはトンへの父親ジェームス(韓国人)を探しに、トンへは恋人のセワと結婚するために・・・。
でもでも、そんなに上手くいくはずがないんです。

トンへの父親探し、トンへの恋愛、そしてアンナの両親探し。
いつものようにとても狭いところで話が展開していきます。
が、ちっとも複雑ではありません(笑)

トンへの恋人だったセワはと~っても出世欲が強く意地悪。
また、後にトンへの恋人になるボンイはやさしい女性。
それぞれの登場人物の個性がはっきりしていたので楽しめたのかもしれません。

最後は、バラバラだったパズルが正しくはまった!!という感じ。
安心してみていられます。
ほっこり感がたまりません~。

ところで、ジェームスを演じていた俳優さんは、19の純情(これまた私の大好きドラマ)で、とっても適当なおじさんをやっていたので、結局最後まで違和感がありました。
真面目な顔しちゃって~って(笑)
くすぐったい感じでしたね。

はぁ~、楽しかった。
放送終了しちゃって寂しいくらいです。
ふふ、韓ドラの王道でしたよ。


| ホームへ |
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

お気に入りブログ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。