ドラマ

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 笑ってトンへ(2010年/全159話)(09/13)
  3. 赤と黒(2010年/全17話)(05/14)
  4. よくできました(2009年/全20話)(05/12)
  5. 製パン王キム・タック(2010年・全30話)(09/14)
  6. 逆転の女王(2010年/全31話)(07/30)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

笑ってトンへ(2010年/全159話)

2012.09.13(16:52)
■웃어라 동해야(TV視聴/106話編集バージョン)

スカパーで視聴し始めてから数年かかって視聴終了~となりました。
(引越ししてスカパーとサヨナラしたからね)
TVで見たものはオリジナルと話数も違うので、カットとかされたかな~。
たまに不思議なところで終了していましたよ(笑)

さてさて、笑ってトンへですが、いろいろありましたが楽しく視聴できたドラマでした。
アメリカで生まれた韓国人のトンへとその母アンナが韓国へやってくるところからはじまります。
アンナはトンへの父親ジェームス(韓国人)を探しに、トンへは恋人のセワと結婚するために・・・。
でもでも、そんなに上手くいくはずがないんです。

トンへの父親探し、トンへの恋愛、そしてアンナの両親探し。
いつものようにとても狭いところで話が展開していきます。
が、ちっとも複雑ではありません(笑)

トンへの恋人だったセワはと~っても出世欲が強く意地悪。
また、後にトンへの恋人になるボンイはやさしい女性。
それぞれの登場人物の個性がはっきりしていたので楽しめたのかもしれません。

最後は、バラバラだったパズルが正しくはまった!!という感じ。
安心してみていられます。
ほっこり感がたまりません~。

ところで、ジェームスを演じていた俳優さんは、19の純情(これまた私の大好きドラマ)で、とっても適当なおじさんをやっていたので、結局最後まで違和感がありました。
真面目な顔しちゃって~って(笑)
くすぐったい感じでしたね。

はぁ~、楽しかった。
放送終了しちゃって寂しいくらいです。
ふふ、韓ドラの王道でしたよ。


赤と黒(2010年/全17話)

2012.05.14(00:01)
■나쁜 남자(ノーカット版)(レンタル視聴)

ゴヌク(김남길)にやられました。
若干強引なストーリーなんですが、ぐいぐい引き込まれました。
ゴヌクの悲しそうな目ったら・・・。
他の登場人物も、なぜかみな悲しい。
テソン(김재욱)も悲しいし、その姉と妹も悲しい。
ヒステリックなテソンたちの母親だって、、、悲しい。
でも、ほんと~にあの女優さんはヒステリックな役がぴったりですね!

ストーリーは復讐劇で、と~っても上手い具合に話がすすみます。
普段なら「うっそ~」とつっこみを入れたりするのですが、そこはゴヌクパワーで「すごい偶然!」と納得してしまいます(笑)
展開も面白いのですが、目の保養というかなんというか・・・。
決して癒されるわけではないのですが、夢中になったのは確かです。
しばらくボーっとしちゃうとかね(うふ)
何度か見てもスッキリしない点もあるのですが、このあたりは韓ドラの雑さなのか、謎を残した終わり方であったのか・・・。
良く分かりませんでした。

さて、ゴヌクがとてもステキだったので、視聴挫折をしていた「善徳女王」をまた見始めました。
いまだ途中ですが、コチラも悲しい立場のようで。
そういえば、「がんばれクムスン」ではソッコーで亡くなってしまうオッパの人だったようですね。
まったく!印象に残っていませんでした。

それから、テラの娘ソダムは전민서が演じていました。
つい最近視聴した「よくできました」にでていた子でした。
かわいいですね~。

一応もう一人重要人物紹介。
ゴヌクとテソンの間でゆらゆらしているジェインには한가인が登場。
豊かな生活に憧れ、テソンを落とそうとあれこれ計算しています。
確かに、あんな優雅な生活、私もしてみた~い!

と、結構な満足度が得られたドラマでした。
サントラも買ってるんだもん、しっかり嵌ってましたね(笑)


よくできました(2009年/全20話)

2012.05.12(21:04)
■잘했군 잘했어(レンタル視聴)

記念すべき、わたくしの「字幕なし視聴ドラマ」初作品!
言葉の理解度は半分くらいかな。
登場人物の年齢が上がると、理解度が下がっていきます。
ハルモニクラスは難しい・・・。
というわけで、分からないところは自分で勝手に想像しちゃったのかな。
とても楽しく、でも悲しくて、次の話が気になっちゃうドラマでした。

ドラマの主人公は이강주(채림)。
そして、年上の이강주に恋をする최승현(엄기준)。
この二人がとても苦しむんです。
最初は明るくてほのぼの&ほんわかしていたのに・・・。
だんだん話はこじれるし、引っ掻き回す人も現れるし、大変なことに。
いっぱいね、みんな泣くんです。
で、私も泣いてるんです。
(理解しているのか、話を美化して作っちゃったかは謎)
(子役の)이별(전민서)がね、、、かわいくて悲しい。
こんなかわいい子を・・・って苦しくなるんです。

韓ドラ特有のとって~も狭いところで話が展開されていくし、「そこ!正直に話さないと後でこじれるって!」と思うとこもいっぱい。
なんだけど、それぞれの登場人物の気持ちが分かるような・・・。

例えば、一人の女性が、母であり、娘であり、女であり。
立場が変われば納得できていたことも受け入れられなくなる。
あ~、こういうの分かるかも~と思ってみたり。
具体的な内容は書きませんが、わたしにとってはそのあたりがツボでした。

話を引っ掻き回す一人が유호남(김승수)なんですが、怖いくらいにしつこいし、勘違い男なんです!
(なのに、職業精神科医!)
あ~이기적이다!!(ぷんぷん)と何度も腹が立ちました。

で、散々引っかきまわされた挙句、さらっと平和に終わるところも韓ドラぽくって私は好きです。
好みは分かれるでしょうけどね(笑)

・・・もっと理解度が上がったときに見たら、なんていうかな(ひひひ)


製パン王キム・タック(2010年・全30話)

2011.09.14(15:42)
地上波にて、カットされたものを視聴しました。
とても楽しみにしていたけど、だいぶ期待はずれでした。
もっと真面目にパンを作る話かと思っていたのに。
あらすじについては省略しますが、良くありがちなドラマでしたよ。
高視聴率だったようですから、韓国ではこういうドラマが支持されるということでしょうね。
後半は2倍速で見てしまったので、見た!とはいえないかな(苦笑)
いろんな人が良く泣いていましたが、私の心には響きませんでした。
しらけちゃって・・・。
ですけど、つっこみどころは満載~なドラマでしたよ。

そうそう、タックのライバルのク・マジュンはカン・ドンウォンに似ていました。
マジュンのお姉さんはチャングムで食いしん坊さん役で出ていた女優さんでしたが、顔が変わっていました。
以前のほうが断然かわいくて綺麗です。
もったいな~い。

ということで、ノーカット版をレンタルすることはないです(笑)

はぁ~、なかなかいいドラマに出会えないなぁ~。


逆転の女王(2010年/全31話)

2011.07.30(18:16)
(地上波にて視聴)

初めてキム・ナムジュのドラマを見ました。
前半は楽しかったです。
仕事一筋だったキム・ナムジュ演じるテヒが職場結婚し、仕事をやめ(やめさせられ)、再就職も邪魔され・・・。
何とか仕事に復帰するものの、やっぱり邪魔され・・・。
こういう意地悪~い人がいたりするドラマって、やっぱり楽しいんですよね。
でもでも、20話を越えたあたりから話がおかしな方向へ。
イライラしながら2倍速(セリフは聞こえる)で見てみたけどやっぱりイライラ。
結局3倍速だ4倍速だで、なんだか分からないまま終わってしまいました。
終わらせた、が正しいかな。

ドラマの中で泣いているシーンがあってもまったく理解できなかったり、「けっ」って思っちゃったり。
嫌悪感すら感じてしまいました。
せっかく楽しく見ていただけに残念。

あぁ~、どこかにいいドラマないかしら。


・・・ネットで調べていて発見。
当初20話の予定が視聴率が良かったから延長したんですって。
なるほど~、だから話が崩れていったんだね。
予定通りで終わっていたら、きっと「楽しいドラマ!!」と思ったんじゃないかな。


前ページ | ホームへ | 次ページ
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お気に入りブログ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。